日本統計学会誌
Back

日本統計学会誌, 第41巻 (第1号), pp. 181-200, 2011

地域間所得分布と所得収束仮説

各務 和彦・和合 肇・大塚 芳宏

Regional Income Distribution and Convergence Hypothesis

Kazuhiko Kakamu, Hajime Wago and Yoshihiro Ohtsuka

要約. 本稿はベイズ統計学の観点から地域間所得分布を推定し,所得収束仮説について検証したものである.地域間所得分布を推定するにあたって,分布が単峰型なのか双峰型なのかを検討するために,2変量正規混合モデルを用いた.また,地域間所得分布の空間構造を明らかにするために,空間計量経済モデルを導入した.1986年から2004年のデータを用いて分析した結果,地域間所得分布は単峰型であり,強い空間不均一性が存在することが確認できた.そして,この期間において,σ収束は確認できなかった.

This paper estimates the regional income distribution from a Bayesian point of view and examines the convergence hypothesis. We utilize the bivariate normal mixture models to examine whether the regional income distribution is unimodal or bimodal. In addition, we introduce the spatial econometric models to examine the spatial correlations in the regional income distribution. From the empirical results using the data from 1986 to 2004, we confirm that the regional income distribution is unimodal and that there exists strong spatial heterogeneity. Moreover, we cannot find the evidence of σ-convergence in this period.

キーワード: 空間計量経済学,所得収束仮説,隠れマルコフモデル,マルコフ連鎖モンテカルロ法.


[全 文] (PDF 356 KB)