Back

神戸大学大学院工学研究科・システム情報学研究科紀要, No. 4, pp. 1-6, 2012
doi:10.5047/gseku.j.2012.001

単語了解度によるスピーチプライバシーの評価—音の空間特性及び時間特性の影響—

星野 康1・森本 政之2・佐藤 逸人2・佐藤 洋3

1 工学研究科建築学専攻/日本板硝子環境アメニティ
2 工学研究科建築学専攻
3 産業技術総合研究所

(受付:June 11, 2012 受理:August 1, 2012 公開:August 16, 2012)

キーワード: スピーチプライバシー、単語了解度、病院診察室、残響音、空調騒音

筆者らは,先行研究において,遮音性能,暗騒音レベルおよび発話レベルから,単語了解度を予測できる等単語了解度線を提案した(Applied Acoustics,73,43-49(2011)).しかし,了解度に影響を及ぼすと考えられる暗騒音の空間特性や,残響音の時間特性および空間特性が考慮されていなかった.本報告では,それらが単語了解度に及ぼす影響を確認し,等単語了解度線の様々な音場への適用性を検討するために,暗騒音の両耳間相関度(ICC)をパラメータとした単語了解度試験と,残響音のICC および残響音の有無をパラメータとした単語了解度試験の2 つの実験をった.実験の結果,単語了解度は残響音の付加により低下するが,暗騒音および残響音のICC は影響しないことを明らかにした.この結果より,先行研究で提案した等単語了解度線を,残響音が存在する音場に適用した場合,スピーチプライバシーの観点からは安全側であるが,スピーチプライバシーの考慮が必要な室の設計において,遮音性能あるいは暗騒音レベルについて,最大で10dB 程度の過剰設計に繋がる可能性があることを示した.


[Full text] (PDF 788 KB)