Back

神戸大学大学院工学研究科紀要, No. 1, pp. 29-35, 2009
doi:10.5047/gseku.j.2009.007

地下鉄駅構内におけるアナウンスに対する暗騒音の音響特性

大西 豊1・森本 政之2・佐藤 逸人2

1工学研究科建築学専攻/長谷工コーポレーション
2工学研究科建築学専攻

(受付:February 12, 2010 受理:March 1, 2010 公開:March 15, 2010)

キーワード: 公共空間,地下鉄駅構内,アナウンス,暗騒音,乗降客数

本論文では,地下鉄駅構内におけるアナウンスによる情報伝達を妨げる最大要因の一つである暗騒音の音響特性(LAeq,周波数特性,両耳間相関度)を,実測調査により明らかにした。調査は全国5都市の地下鉄駅20駅で行った。改札口とプラットホームの違いと,それぞれの電車音の有無の違いにより4つの条件で測定,分析した。その結果,電車音や利用者が発する音がLAeqや周波数特性に影響する主な音源であることを確認した。また,それぞれの場合の音響特性は,通行人数等を逐一計測しなくても,公表されている各駅の1日の乗降客数をパラメータとして大まかに推定可能であることを示した。


[Full text] (PDF 396 KB)